暁のブログ~孤独な日常~

孤独な男が人生と向き合う魂と音楽のブログです

孤独な痛み

今週も終わり!

今週も何とか乗り切りました。

心が病んでくると、毎日働くのも大変です。

こんな状況だからかなのでしょうか、最近、鬱でやめた先輩を思い出します。

 

鬱になった先輩

先輩は、不器用なタイプで、仕事もあまりできず、コミュニケーションをとるのも下手でした。

そのせいか、職場のみんなは先輩にきつく当たっていて、そのうち先輩は「体調が悪い」と言って会社に来なくなったりしました。

多分、うつ病が始まっていたのだと思うのですが、みんなはそれをずる休みと捉えて、ますます先輩にきつく当たるようになり、結局、先輩はうつ病になり長期療養となりました。

一度うつ病になると、完治は難しいのでしょう、一回復職しましたが、それでもまた会社に来なくなり、最終的に先輩は退職してしまいました。

 

孤独の痛み

この時、みんなは先輩につらく当たったり、陰で先輩の悪口言って盛り上がったり、先輩を除け者にしたりしていました。

その様子を見ていて、私は孤独で、クラス中から嫌われていた幼い自分の姿と先輩の姿を重ね合わせて、本当にみているのが辛かったです。

人よりちょっと不器用で、自分をうまく表現できなくて、ちょっと勘違いされやすい行動をとっていしまうだけなのに、みんな理解できず、苛立ちを募らせてしまう・・・。

でも、理解できないのはしょうがないのかな、普通に生きていける人には、普通に生きれない不器用な人間の気持ちは理解できないし。

私も頑張っても不器用でうまく自分を表現できないことをただの「暗い人」で片づけられてきたし・・・。

 

孤独のやさしさ

孤独で不器用でコミュ障な私ですが、社会に出て一つだけ手に入れれたものがあります。

それはどんな人でも受け入れることです。

そして、それは私が優しいからではなく、不器用で辛い思いをしてきたので、同じ立場の人の気持ちが痛いほどわかるからなのです。

自分がよい人間でありたいから、そんな表層的なものではなく、自分の経験によ深層的な包容力、何にもない自分が手にした大切なものなのです(#^^#)

f:id:akatsuki03ulx:20170529221255j:plain