暁のブログ~孤独な日常~

孤独な男が人生と向き合う魂と音楽のブログです

元引きこもりが働いたらこうなった(4)

本日も朝から憂鬱で元気なく出社しました。

けれど、先日受けた資格試験に合格したことがわかり、ちょっと元気がでました。

一度資格に人生を救われた身なので、一つでも多く取っておきたいものです(*^^*)

 

さて、前回の続きです

akatsuki03ulx.hatenablog.com

 

過酷な出張命令

さて、1か月休みなく働き、つかの間の休息をとった後に待ち受けていたのは出張でした。

期間は3週間で、おまけに休日なしという過酷な内容・・・。

メンバーはベテランのおっさん一人、中堅の一回り上のお兄さん、そして入社間もない私という構成。

地方都市から、遠く離れた関東への出陣となりました。

 

勤務だけでなく、内容も酷かった

実際に、出張先で働くといろいろ酷い事実が・・・。

まず、宿は3人相部屋でした。

友達を家に呼ぶこともなく、夜は一人っきりで過ごしてきた引きこもりが、知り合って間もない男二人と寝食を共にする。

お互いのプライバシーのない空間に長期間閉じ込められる、これがとんでもないストレスでした。

次に厄介だったのが、ベテランのおっさん。

入社間もない私に対して、とにかく怒鳴り散らす。

さらに、夜はいびきがひどくて、眠らせてもらえず。

しまいには、寝返りを打って私の顔面を強打、四六時中私を苦しめる存在でした。

そして、最後に夏の暑さ。

7月の猛暑の中、屋外での作業、引きこもりのなまった体には堪えました・・・。

 

結局最後は・・・

おっさんや夏の暑さに苦しめられた私は、日に日に元気がなくなり、毎日が苦しくて、このまま関東の街に消え去ろうと何度も思いました。

でも、やっぱりここで辞めたら二度と働けないと思い、踏みとどまりました。

しかし、体は正直なもの。

3週間まであと3日というところで、体調不良でダウン、おっさんが事業所に連絡して私は送還されることになりました。

帰郷後、病院で診察を受けて、そのまま3日間休み。

3週間近く働いて得た休日出勤は、その休みに消えてしまい、休日出勤手当ももらえず、ただ私は、3週間普通に働いて苦しんだだけの状態になったのでした。

そして、これを機に、この会社でこの先勤め続けるかについて悩むようになりました。

 

次回に続きます(´・ω・`)