暁のブログ~孤独な日常~

孤独な男が人生と向き合う魂と音楽のブログです

元引きこもりが働いたらこうなった(5)

うー、会社行きたくないよ~。

特に良いこともない毎日で、生きる推進力が日々失われています・・・。

 

さて、前回の続きです。 

akatsuki03ulx.hatenablog.com

 

会社を辞めることを考える

あまりにもひどい目にあい、もうこれ以上続けたくないと思った私は、転職の可能性を探ることにしました。

そして、求人情報を探してとある会社を受けてみることにしました。

その会社は東京が本社の大きめの会社で、私の住む地方にも営業所があるので実家から通えるかな~と思いエントリーしました。

筆記試験は上手く合格して、続いて面接へと進みました。

 

本当に大切なこと

鬼門の面接に臨みましたが、この中途採用の面接は過去の学生時代のことは問われず、現在の仕事についての話が主であり、何のエピソードもない私でも、仕事に関してはエピソードがあったので、学生時代ほどは苦戦することはありませんでした。

この時、こんな会社だけど正社員として採用されて良かった~と思いました。

しかし、勤務地の話になると、どこの営業所の採用になるかわからないとのことでした。

元引きこもり+コミュ障の私が、ここまで働けたのは両親の元で実家暮らしをしていたから。

そんな男が全く知り合いのいない未開の地で、働くことになる、私はそれに耐えられる自信がありませんでした。

今の仕事から逃げることよりも、自分はやっぱり両親の元で、慣れ親しんだ地元で働くことの方がより大切な気がしました。

 

そして、一次面接は無事に突破したのですが、私は勤務地のことがどうしても引っかかったので、やっぱりここを受けるのはやめようと思い、最終面接で自分のありのままの思いをぶちまけて帰り、見事に不採用通知を受け取りました。

でも、自分の中で大切なものがわかったので、悔いはありませんでした。

「本当に納得して入れる会社が見つかるまで、今の仕事を逃げずに頑張ろう、自分の中で一番大切なことは地元で暮らすことなのだから」

 

こうして、私は決意新たに、今の会社で働き続けることにしたのでした。

・・・続きます(´・ω・`)