暁のブログ~孤独な日常~

孤独な男が人生と向き合う魂と音楽のブログです

元引きこもりが働いたらこうなった(6)

産業医との面談の結果、特に問題なし!

まだまだ働きます、ああ辛い・・・。

 

さて、前回の続きです。

akatsuki03ulx.hatenablog.com

 

とりあえず、仕事を続けることにした私。

夏は外で、作業をするととにかく熱い。

熱中症ということがちょうど叫ばれ始めていたころ、本当に倒れるかと思う日々。

毎日、汗だくになった作業着を家に持って帰って、洗濯してもらっていました。

そして、冬になると寒風吹きすさぶなか作業。

凍えながら、鼻水を垂らしながら、一生懸命働きました。

周りには、体育会系の人々ばかりで、相変わらず怒られるばかりの日々でしたが、とにかく会社にしがみついて働き続けました。

 

働きながら、私は本当に「働く大変さ」を痛感し始めていました。

毎日、空調の利いたオフィスの中で、コーヒーを飲みながらデスクワークをするなんて人はほんの一握り。

道路工事現場で、交通整理をする人を見て、心のどこかで見下していた感が、まだ働く前の私にはありましたが、今はその人たちと同じ。

多くの人は、自分の机もなく、過酷な気象条件にさらされながら、それでも働いているのです。

働くのは大変、だから働いている人はどんな人でも尊敬に値する、そして、引きこもって、世の中を批判して、他人を見下していた自分は、本当に何もわかっていない、最低のクズ人間でした。

汗を流しながら、凍えながら、怒られながら、そうしてようやく私はクズ人間から普通の人間になるためのスタートラインに立ちました。

そう、働くことは、私にとって、人間になるためのリハビリであるように感じました。

 

そんなこんなで、一年間、辞めずに働き続けた私。

すると、春になり転機が訪れました。

が、続きはまた次回で(´・ω・`)